握りねた

stage73.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ラクトフェリン( 1 )

ラクトフェリンで未病を切る

ラクトフェリンは、抵抗力の弱い乳児を細菌やウィルスから防御する役割をしていますので、出産時の初乳(出産後3日以内の母乳)には、最も多い牛乳の約10倍のラクトフェリンが含まれています。そして以下のような研究から、その生理作用は成人にも有効だといわれています。

これまでの研究では(1)抗炎症作用、(2)免疫調節作用、(3)抗菌作用、(4)整腸作用、(5)抗ガン作用のあることが実験で分かっている。ラクトフェリンは医療現場でも積極的に使われており、C型肝炎の患者を対象にその効果を確かめる大規模臨床試験が、国立がんセンター中央病院や横浜市立大学市民総合医療センターなど全国の7病院が参加して2001年から始まっている。この試験に先立ち、45人を対象にした前試験では2割の人にC型肝炎ウィルス量を半分以下に減らす効果が見られたという。新しくはウイルスタイプIb型C型肝炎患者40人を対象に行った臨床試験(横浜市立大学・田中克明ら。2007年)では、4人に1人の割でウイルスが消失した。

出典:「2008 改訂新版 健康・栄養食品事典

まるごと健康サプリ
美しき生活の泉
まるごと幸せ館
食品グリーンの泉
まるごと生活雑貨

高密度ラクトフェリン
[PR]
by stage73 | 2010-11-12 16:15 | ラクトフェリン